自己破産とは?自己破産したらその後の生活はどうなるの?

自己破産とは?自己破産したらその後の生活はどうなるの?

自己破産とは、多額の借金を返すことが不可能であるということが裁判所によって認められ、免責が許可された場合に税金などを除いたすべての債務の支払いを免れる制度です。

免責が下りるためには、支払いが不能であることが認められる必要があります。 

すべての借金がゼロになる代わりに、一定期間借入を行うことが出来なくなる、国の発行する機関紙に住所・名前が記載される、免責が認められるまで一部の職種につくことが出来ないというデメリットもあります。 

債務整理の手続きを行う場合に、弁護士もしくは司法書士へ依頼するのが一般的です。

ただし、自己破産の手続きの場合、弁護士と司法書士では違いがあります。 

まず、自己破産の手続きでは、地方裁判所に申し立てを行う必要がありますが、司法書士には訴訟代理権がありませんので、申し立てに関しては依頼者が自ら行う必要があります。 しかし申し立てのサポートや必要となる書類の作成は司法書士に依頼した場合でも行ってもらえます。

また、免責がなんらかの理由で許可されず、調査が必要となった場合などには複雑な対応を申し立てを行った人が行う必要があります。 

ですから、自己破産の手続きを依頼する場合、免責を求める金額が非常に大きな場合などは司法書士ではなく弁護士へ依頼する方がいい場合もあります。

しかし一般的には債務整理の費用は弁護士より司法書士の方が安いですから、無料相談などでどこまでサポートしてもらえるかを確認した上で司法書士に依頼するのもおすすめです。