過払い金請求とは?利息の支払いが大きい方におすすめ

過払い金請求とは?利息の支払いが大きい方におすすめ

消費者金融を過去に利用していた、または現在利用中である場合、過去に契約していた金利がグレーゾーン金利で契約していた場合には過払い金請求ができる可能性があります。

グレーゾーン金利とは、利息制限法という法律と出資法という法理の上限金利の間の金利のことです。利息制限法は利用限度額に応じて上限金利が15%〜20%と定められています。一方、出資法は29.2%が上限金利でした。

しかし、利息制限法には上限金利を超えて貸付を行っても罰則規定がなかったため多くの消費者金融が出資法の上限金利に近い高金利で貸付を行っていました。

利息制限法を超えて貸付を行うには、みなし弁済という規定に定められている条件をすべて満たした場合に貸付ができるのです。

しかし、すべて満たした業者はほとんど存在せず、裁判でもみなし弁済を満たしていないという判決が多くでたことから2010年に貸金業法が改正され上限金利が利息制限法の金利に合わせられグレーゾーン金利が撤廃されました。

この金利で契約していた方は、個人でもできますが弁護士事務所や司法書士事務所に依頼して過払い金請求ができます。

司法書士が取り扱える過払い請求とは140万円までです。弁護士には制限がありません。

しかし過払い請求で取り戻せるお金は弁護士や司法書士の金融会社への交渉能力に成果を負う部分が大きいです。

過払い請求で豊富な実績がある司法書士や弁護士に依頼するのがおすすめです。