個人再生とは?住宅ローン特則で家を残して借金を大きく減額できる

個人再生とは?住宅ローン特則で家を残して借金を大きく減額できる

債務が収入に対して膨大で、これまで通りの返済が困難となった場合、何らかの債務整理が必要となります。その方法の一つに、個人再生があります。

個人再生とは、簡単に言えば借金を減額(借金の総額の五分の一、もしくは100万円のいずれか多い方を返済額とします)し、その借金を3年間で返済していくというものです。

これは2001年から始まった比較的新しい制度で、ローンを含む持ち家はそのままでその他の借金を整理することができることから、特に自宅を保有している債務者に適しています。

その際利用できるのが住宅ローン特則という手続きで、返済スケジュールの組み直しが可能になります。

個人再生と自己破産との違いは、最も大きい点は上述した通り個人再生では住宅を残したまま債務整理ができる点です。

また、個人再生では借金は減額できますが自己破産のように帳消しにはできません。ですがその一方、弁護士や会社役員などの特定の職業については、自己破産すると資格の制限を受け失職しますが、個人再生ではそういった制限はありません。

個人再生でもブラックリストには載るのでその期間の銀行や消費者金融からの借り入れやクレジットカードの使用はできませんが、特定の資格や立場での職をもち、かつ住居を失わずに膨れ上がった債務を合法に整理できしたい場合は非常に適した方法と言えるでしょう。

個人再生は司法書士事務所でも手続きを行ってもらえます。借金問題の無料相談を行っている司法書士事務所に相談してみるとよいでしょう。